【趣味・楽器】夢にまで見た防音室(6) USBスイッチ、そして防音室グレードアップ完了

 バイオリンを練習するときカワイのスコアメーカーというソフトでノートパソコンに伴奏をさせるのですが、今まではキーボードで、伴奏開始、停止をコントロールしていました。でも、これではキーボードを押して、急いでバイオリンを構えて演奏していたわけです。一応メトロノームによる前打ち入れられるのですが、テンポが速かったりすると、曲の開始ぎりぎりになったりして、ちょっと慌ただしかったのです。
 そこで、USB接続の3ペダルフットスイッチ(RI-FP3BK)を導入しました。この3つのペダルにそれぞれ、スタート、ストップ、始めに戻すのショートカットキーを割り当てて、足で操作できるようにしました。おかげで、バイオリンを構えたまま伴奏を開始できるので、とても楽になりました。
RX700028.JPG

 やはり、何でも楽だと、楽しくなります。これで防音室もグレードアップ、そして、バイオリンの腕もグレードアップ間違いなし!

これでひとまず、防音室の設備は完了!
RX700029.JPG

ペダルはこれ。
`ルートアール USB3連フットペダルスイッチ マウス操作対応 RI-FP3BK
ルートアール USB3連フットペダルスイッチ マウス操作対応 RI-FP3BK

【趣味・楽器】夢にまで見た防音室(5) 小物入れ

 楽器って意外と小物が多いんですよね。ウクレレならピック、チューナー、ペグ用ドライバー、交換用の弦、バイオリンなら松脂、ミュートピースなど。これらを入れておく小物入れがほしくなります。というわけで、小物入れも設置しました。
RX700005.JPG

 壁に穴をあけるのは嫌なので、例によってラブリコを使って支柱を作り、その支柱にネジでL字金具を固定し、その上に百均で購入した網状の小物入れを固定して作りました。あんまりおしゃれという感じではないけど、スッキリしました。とりあえずはこれでいいでしょう。

 防音室グレードアップ!


 ラブリコはほんと便利、設置も簡単だし。ただ、支柱となる2×4材がどうしても長くなるので、ホームセンターから運ぶのに私の車に積みにくいのだけが難点ですがね。

平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター オフホワイト DXO-1
平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター オフホワイト DXO-1

【趣味・楽器】夢にまで見た防音室(4) 音響システム

 バイオリンを練習するときは、伴奏があった方が音程を確認しやすいので、所有しているカワイのスコアメーカーをインストールしてあるPCに、伴奏をさせます。そのために、ミキサー(XENYX Q502USB)とスピーカーを設置しました。

RX700003.JPG

このBOSEのスピーカーは低音が良く鳴るので、ベースの音が迫力があり、本物のベースが鳴っているようでサイコーです。
RX700009.JPG

 ミキサーは無くてもいいのですが、BOSEのスピーカーの音量調整がボタン式なので操作しにくいので、BOSE音量は一定にしておいて、ミキサーのつまみで音量調整ができるようにしました。そのうち、ピックアップを付けたウクレレをつないでPCと演奏したりしてみようと思います。
RX700008.JPG

 取り付けた場所は、ピアノの奥にラブリコで固定した2×4(ツーバイフォー)材です。簡単に言うと突っ張り棒。ラブリコは取り付けが簡単で便利です。
RX700011.JPG

これで楽器練習環境がアップグレード! どんどん楽しむべし!


ミキサーは、以下の通り。ちょっと違うけど。
`ベリンガー アナログミキサー 5チャンネル XENYX 502
ベリンガー アナログミキサー 5チャンネル XENYX 502


スピーカーは以下の通り。色が違うけど。
`Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II ポータブルワイヤレススピーカー スペシャルエディション トリプルブラック
Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II ポータブルワイヤレススピーカー スペシャルエディション トリプルブラック

ラブリコはこれ。2×4材はホームセンターで手に入るよ。
`平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター オフホワイト DXO-1
平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター オフホワイト DXO-1

【趣味・楽器】夢にまで見た防音室(3) 電子ピアノの設置

 もともとはピアノがメインの趣味だったので、電子ピアノも所有しています。最近はすっかりご無沙汰になってしまったので、電子ピアノは防音室内に入れなくてもいいかな、と、思っていたけど、じゃぁどこに置く?と考えると、やっぱり防音室内に置くのがベスト、当然。
 防音室は長方形なので、できれば短い方に設置したいのだけど、横幅が結構ギリギリ。実際には音場パネルがあるので、少し狭くなります。メジャーで測るとそれでもやってみないとわからない、というくらいギリギリ。やってみると、以下の写真の通り。

RX700007.JPG

 写真右手に出っ張っているのが音場パネル。
RX700006.JPG

 音場パネルに干渉せず、恐ろしいほどぴったり。しかしこれでは、ピアノのサイドにある電源スイッチが操作できない。ので、ピアノ本体の電源スイッチはONにしたままにし、電源タップでON/OFFするようにしました。
RX700013.JPG

一番下がピアノ用。これで難なく解決!

よっしゃ! これで防音室もグレードアップ!

【趣味・楽器】夢にまで見た防音室(2) 防音室内にエアコンを設置

 さて、ついに購入した防音室、大事な装備品を導入したい、それは、エアコン。冬はファンヒーターを持ち込めば暖かくなるけど、問題は夏。想像するに、エアコンなしの状態で中にこもっていれば、あっという間に暑くなるに違いない、というわけで、これも当初から考えていたのですが、エアコンを防音室内に設置することにしました。まさか、暑いからと言ってドアを開けて使ったのでは、防音室の意味がありませんから。防音室の中にエアコンを設置すること自体はごく普通のことなので、特に問題はありません。
 ってわけで、1.5畳の部屋に、なるべく小さなエアコンを探しますが、やはり6畳用が最小。ってわけで、6畳用を設置。エアコンの設置については、通常のエアコン屋さんに設置してもらいます。設置業者はリビングのエアコンを設置してもらった方にお願いしました。初めて防音室への設置ということで、作業依頼後、島村楽器に赴き、いろいろ説明を受けていただいたそうで、設置作業も滞りなく完了しました。これで快適度アップ!
 今後も、究極の音楽室を目指していくぞ!

RX700004.JPG
 設置位置はちょうど頭の上ということになりました。

RX700010.JPG
エアコンと照明のリモコン。ずれてしまった!(泣)

RX700021.JPG
防音室内にエアコンを設置するうえで問題になるのはドレンホースです。普通は壁に穴を開けて屋外に逃がしますが、防音室の場合それができません。ということで、ホースを防音室の外側に出した後、ドレンホースから出てくる水をペットボトルで受けられるようにしてもらいました。ここは自分でやることにしました。まだ冷房を使う時期ではないので、水はほとんど出てこないということで、工事中のまま。冷房を使う夏までには終わらせておかないと!

【趣味・楽器】夢にまで見た防音室(1)アビテックス・セフィーネ・1.5畳

 なんといっても、防音室が欲しいがために、マンションを購入したといっても過言ではありません。マンションを選ぶ際にも、楽器演奏可能物件で、事前に防音室の設置が可能かどうかも確認して選びました。
 防音室といえば、カワイのナサールと、ヤマハのアビテックスがあります。同スペックで比較すると、カワイの方が安いので、ナサールにしようと決めていたのですが、見積もりをお願いした島村楽器からは、工賃等の諸費用を考慮するとヤマハのアビテックスの方が安いということで、ヤマハアビテックス1.5畳・標準高さ・防音性能Dr-35にしました。部屋の大きさから言ってこれが最大でした。ラッキーなことに、キャンペーン中だったので証明と窓付きの壁を無料でゲットできました。注文から納期は、コロナのせいで在宅勤務が増えたせいで、防音室の良く売れているそうで、おおよそ1カ月半でした。
 防音室には、電子ピアノの設置、バイオリン練習のためのPCによる伴奏の機材、譜面台、パイプ椅子、バイオリン&ウクレレスタンドなどを置く予定でした。防音室の天井は低いので、バイオリンはパイプ椅子に座って演奏します。そして、エアコンも設置です。

 快適な練習場にするため、完全な音楽室にしていっているのです。
RX700002.JPG
4畳半ほどの部屋に設置知ました。完全に音楽部屋です。

RX700020.JPG
部屋には窓に続くスペースは確保できました。ぶら下がっているホースとペットボトルは、エアコンのドレンホースと、水を受けるペットボトルです。そのうち、ちゃんと完成させておきます!

生活の質の向上、第一歩はマンション購入、そして・・・・

 もうずいぶん前から考えていました。それは、趣味である楽器演奏を思いっきり楽しみたい、何時でも楽しみたい、そんな事からでした。普通のアパートでは、ウクレレの音さえ気にしてしまうし、バイオリンは生音は大きすぎて論外、ミュートピースをつけても弦と弓がこすれる音は消せません。だから、バイオリンの練習をするためには、車で練習スタジオまで行かなくてはなりませんでした。
 そこで考えることは、防音室の導入。バイオリンを始めるずっと前から、考えていました。でも、高価だし重いので、賃貸のアパートでは、建物の構造的にNG。あきらめざるを得ませんでした。
 そんなこんなで、昨年、マンション購入に踏み切ったわけです。物件を探すにあたり条件として、楽器演奏が可能なこと、構造的に防音室を設置できること。で、現在の物件に至ったわけです。9月にマンション購入、次の年の1月に念願の防音室を手に入れました。
 生活の質の向上のために引っ越してきてから、部屋をカスタマイズをしてきましたが、ここでようやくベースとなる環境が出来上がったのでした。快適生活のためにいろいろ買い物をしてきた、その散財も含めて紹介していきます。