【散財・レビュー】高級キーボード(HHKB)

 HHKBとは、Hyper Hacking KeyBoardの略。高級キーボードと呼ばれるパソコン用のキーボードの製品名。静電容量無接点方式と呼ばれる構造を持っていて、タッチの感触や打鍵音が人気です。
 そんなキーボードを使ってみたい! 仕事では、1日中パソコンに向かっているし、自宅に帰ってもパソコンに向かっている毎日。とくに、私の場合会社ではプログラマの顔を持つので、使い勝手の良いキーボードを使いたい、ということで、購入してみちゃいました。35200円! しかも、英語配列版。英語配列のほうが、プログラミングをする際、カッコや演算記号が、入力しやすい配置なのだ。
 特にHHKBでは、カーソルキーがなく、ファンクションキーと記号キーの同時押しでカーソルを動かすのです。こちらのほうが、右手のホームポジションからあまり動かさなくてもいいので楽なのです。
 また、日本語配列に比べEnterキーが近いので、右手の小指で楽に届くのでこれまた楽なのです。
 とはいえ、やっぱり慣れは大事で、しばらくは我慢してタイピングしなければなりません。

 そしてさらに、HHKBには、無刻印(キーに何も印刷がない)バージョンがあり、どこを押せは何が入力されるかがわかっていないと使えません。始めはこれを買おうと思ったけど、パスワードの設定・入力の時や、数字を入力するときに大変になるので、ボディーは墨色、ラベルのいろは黒で、目立ちにくいものを購入しました。(実は無刻印もキートップだけを販売しているので、自信がついてきたら、これを買って交換すればいい)
 何はともあれ、ブラインドタッチができれば、とても楽で、使っていて楽しいキーボードなんです。

 ちょっとキーボードに興味がる人は、実は深いキーボードの世界に足を突っ込んでみてはどう?

HHKB Professional HYBRID Type-S 英語配列/墨
HHKB Professional HYBRID Type-S 英語配列/墨

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント